50代の精力減退について思うこと

50代後半会社員です。ご他聞にもれず、年齢相応の精力減退を自覚しています。現象や思うことを書いてみたいと思います。

【現象】
元々精力絶倫というタイプではなく、むしろ淡白なほうだと思います。ただ人並み以上にスケベの自覚はあり、所謂「強くはないが好き」なタイプです。あとフィニッシュの早さには自信があります。
50を境に、ムラムラっとするタイミングがめっきり減ってきました。そのときは、そこそこ以前と変わりない感じなのですが、次にまたそうなるまでのインターバルが年々長くなってきました。「溜まるのにずいぶん時間がかかるようになった」という感覚です。

【対策】
こればかりは、加齢によるものなので、半分以上あきらめの境地ですが、やはりここぞという場面では(そういう場面自体減ってきたのですが)、何とかしたいというのが男心。自分もいくつかの対策をトライしました。

1. 精力剤
先ずは誰しも頼りたくなるものかと思います。「凄十」と「レッドブル」の飲み合わせがいいとのネット情報を試したことがありますが、効果の程は実感できませんでした。一瞬かなり興奮するのですが、所謂「中折れ」のリスクも高いように感じました。2.3度試しましたが、結構高くつくのもあり、やめました。
テンザーゴールドプレミアムの増大効果について

2. 体力増強
別にそのためだけに始めたわけではなく、運動不足解消、ダイエットを主目的に、近所のスポーツクラブに通い始めました。あっちのほうも強くなれば、という下心ももちろんありでした。結構まじめに運動したので、身体が多少締まった効果は認められるのですが、あっちのほうへの影響は正直よくわかりません。

3. 体調調整
要するに、一戦をベストコンディションで臨めるよう、睡眠や休養をしっかりとる等の準備を怠らないという(アスリートのような)対策です。今のところ、これが一番効果があるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です